みなさま

 

たびのむしは日本時間9月1日0時より、「プレミアムメンバーシップ」を導入し、ブログの記事表示を有料とします。

 

しかしながら、月々のご負担を強いるものであるため、これまでご愛顧いただいたみなさまには、感謝の思いを込めて、無料でプレミアムメンバーシップを付与いたします。

 

手続きとして、下記ボタンより、8月31日までにアカウントの作成をお願いいたします。登録後、数日中に、永年無料でメンバーシップが付与されます。(アカウントを削除した場合は対象外です。)

8月8日までにご登録のみなさまへは付与済みです。ステータスは9月1日に自動的に切り替わります。

ご不明な点はお問い合わせください。

今後ともよろしくお願いいたします。

たびのむし

Dear our readers

Tabinomushi decided to introduce Premium Membership service on full access to its blog. The new service starts from September the first 0:00AM (Japan time)

 

However, this change adds to the expense for our readers. Tabinomushi wants to show deepest and sincere gratitude to those who have read continuously and have joined our tours, so we'd like to invite you to this membership for free.

 

In order to get the premium membership, please sign up by Aug 31st. Within a few days, we'll give it to you permanently until you delete your account.

We've already added the membership to those who subscribed by Aug 8th. The status will be automatically updated on September 1st.

If you have anything unclear, feel free to ask. We're happy to help you.

Stay safe, everyone!

Tabinomushi

  • Yuri

京都のコーヒー文化/Kyotoites Love Coffee

京都めぐりが若者に人気なのは、史跡めぐりができるから、だけではありません。インスタ映えするようなおしゃれなカフェを巡るのも楽しみです。京都は伝統ある町として有名ですが、コーヒーとパンの消費がめざましい土地でもあります。

What young Japanese love to do in Kyoto is not just visiting historical sites. They also love to try instagrammable cafes. Kyoto, known as a traditional city in Japan, has a big consumption of coffee and bread which are newer than tea and rice for Japanese.


土地の大きさに照らして考えると、京都には信じられないほどたくさんの大学が存在します。(大学数は2018年度で34校) それゆえかつては喫茶店に学生が集い、議論した文化があったようです。パリのサロンのような役割を果たしていたのでしょう。近頃では、喫茶店は学生にとって日常的に通うには手頃とは言い難く、近隣の住民の方がオーナーと会話に興じているのをよく目にします。

Despite of its size, Kyoto has had enormous number of universities and colleges (as many as 34 universities!) and it is said those students gathered in cafes to discuss. They considered cafes had the same role as salons in Paris. Recently such cafes are rather expensive for students, instead local residents often come to talk with owners.


それでも、コーヒーを愛し会話を楽しむのは変わりありません。何かコーヒーにまつわるイベントや、おいしいコーヒーが飲めるチャンスがあると、多くの人がおいしい一杯を求めて出かけます。昨日、今日と京都るてん商店街(京都駅より徒歩約7分)にて、ENJOY COFFEE TIMEと題するイベントが開催されていました。

Still, people love to drink coffee and enjoy conversation. If there is such a chance or an event to try all the best coffee, many hit the street to get a cup. Yesterday and today, an coffee event ENJOY COFFEE TIME was held at Kyoto Ruten Market near Kyoto Station.

The entrance sign at Kyoto Ruten Market

真夏に逆戻りしたかと思うほど大変暑い一日でしたが、多くの人が来場されました。

The sun was very scorching yesterday and it seemed back into the middle of summer.


私はエスプレッソトニックをいただきました。ハーブから作られたシロップとトニックウォーターにエスプレッソを注いだ暑い日にぴったりのドリンクでした。

I tried espresso tonic. Espresso with tonic water, and syrup made from herbs, which is the best combination in hot weather.


「京都は古く伝統ある町だ」というだけでは見過ごしてしまうような側面が京都にはあります。京都人たちはいつでも、新しいものには敏感でした。コーヒーに限らず、常に新しい技術や物を最高の質に高めていく、そういったところにこの町の面白さがあると感じます。

If you only think Kyoto is very old and traditional, you'll miss the essence of this city. People in Kyoto have been always modern and early adopters. They've been passionate about learning something new and pursuing the best quality beyond just coffee. This is the spirit of Kyoto.